2級管工事施工管理技士 出題傾向と対策

スポンサーリンク

2級管工事施工管理技士試験の傾向と対策を分析し、効率のよい勉強方法&勉強ツールを紹介致します。

○2級管工事施工管理技士とは

「2級管工事施工管理技士」は、施工管理士国家資格の1つです。

建設業における、空調設備工事、給排水衛生工事、浄化槽工事、ガス配管工事等の「管工事」で施工計画の作成・工程管理・品質管理・安全管理を行うことができる建設業法の「主任技術者」になれます。

また、経営事項審査の加点対象で2点の付与があります。

○受験申込

2級管工事施工管理技士試験は、一般財団法人全国建設研修センターにより開催されます。

ホームページは「一般財団法人全国建設研修センター」になりますので必ず確認して下さい。

申込受付期間

「学科試験(前期試験)」:3月初旬から受験申込が始まります。

「学科・実地試験、学科試験(後期試験)」:7月中旬から受験申込が始まります。

よく申込期限間際になって、各種提出書類を準備される方がいます。

・申込用紙の手配

・卒業証明書

・住民票

・申込用紙の記入(実務経験年数を証明する物件等)

と学校・役所等に行かないと手に入らない書類、実務経験を記入するのに参考とする過去の物件資料を探す等、申込用紙を即日提出することは結構困難なので、事前に提出出来るように書類の手配を取っておくことをおススメします。

試験日・合格発表

「学科試験(前期試験)」

試験日:6月第1週の日曜日 / 合格発表:7月初旬

「学科試験(後期試験)」

試験日:11月第3週の日曜日 / 合格発表:翌年1月中旬

「学科・実地試験」

試験日:11月第3週の日曜日 / 合格発表:翌年2月下旬

今まで学科試験と実地試験は、同一日で行われており1発合格はかなり難しかったのですが、学科試験と実地試験が別日でも受けられるようになったことで1つの試験に集中して学習出来るようになり1発合格の難易度が下がるように思います。

少しでも合格率を高めたいのであれば「6月の学科試験(前期試験)」を受け、「11月の実地試験」を受けるようにしましょう。

ちなみに合格発表は、合格発表日10時頃に一般財団法人全国建設研修センターのホームページで検索することが出来ます。また合格通知は、合格発表日に発送すると思われますので家に到着すのは合格発表日から1,2日となります。

私の場合、合格発表日の次の日に合否通知が到着しました。

合格基準

合格基準は、学科試験・実地試験ともに60%以上となっております。

学科試験については、マークシート形式で40問中24問正解で合格となりますので、試験後「速報」で答え合わせを行えば合否の確認を行えます。

速報を掲載しているのは、資格の学校がメインとなっており・・・

日本建設情報センター

日建学院

株式会社東北技術検定研修協会ー

などがありますので、参考になさって下さい。

実施試験については、論述問題・配点不明 等で正直合格発表まで合否が全く分かりません。

試験地

「学科試験(前期試験)」

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇の10地区で開催されております。

「学科・実地試験、学科試験(後期試験)」

札幌、青森、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇の13地区で開催されております。

また、学科試験のみですが宇都宮でも開催されております。

受験料手数料

学科・実地試験:8,500円 / 学科試験:4,250円 / 実地試験:4,250円

※国家試験であり、上記受験手数料には消費税を含みません。(非課税)

受験要件

受験するには条件があり、下記の通り実務経験が必要となってきます。

学科 実務経験年数
指定学科卒業後 指定学科以外卒業後
大学

専門学校「高度専門士」

1年以上 1年6ヶ月以上
短期大学・高等専門学校

専門学校「専門士」

2年以上 3年以上
高等学校・中等教育学校

専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)

3年以上 4年6ヶ月以上
その他 8年以上

※試験前日までで計算して、上記の実務経験が必要となります。

指定学科とは、土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学、機械工学、建築学などを言いますが、正確には「受験の手引き」を確認して下さい。

○難易度・合格率

2級管工事施工管理技士試験の合格率は、学科54%・実地39%となっております。

合格率に関しては、学科試験・実地試験が同一日に行われていた時のモノですので参考にならないかと思います。

今までは学科・実地と同一日に行われるので、勉強を段取りよくする必要がありました。しかし試験日が別日となったことで勉強の段取りをする必要もなくなり、対象の試験の勉強を集中しておこなえることとなり、今後合格率が上がってくると予想できます。

H22年

(%)

H23年

(%)

H24年

(%)

H25年

(%)

H26年

(%)

H27年

(%)

H28年

(%)

50.9 47.3 50.7 50.1 59.8 57.9 66.2

37.1 32.4 37.1 37.9 36.4 45.9 44.5

H29年

(%)

H30年

上(%)

H30年

(%)

H31年

上(%)

H31年

(%)

H32年

上(%)

平均

(%)

 59.3 54.7

 40.9 38.8

↓↓↓ 「勉強方法」「過去問データ」は、次のページに続く ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする