整理整頓で仕事の効果効率を上げる!

スポンサーリンク

仕事の効果効率を上げるのに「整理整頓」は欠かせません。

仕事の早い人のパソコン画面を見ると、ディスクトップにアイコンが少なく整理整頓がされていると感じられます。反対に仕事の遅い人のパソコン画面を見ると、ディスクトップいっぱいにアイコンがあり整理整頓されておらず、対象データを探すだけで時間がかかりそうです。

パソコンの画面一つを見ても、整理整頓で仕事の効果効率が上がることが分かります。

○日常業務における「5S」とは

仕事の中で聞いたことのある「5S」ですが内容は・・・

整理(SEIRI)整頓(SEITON)清掃(SEISOU)清潔(SEIKETU)(SITUKE)の頭文字であるSを取り「5S」となります。

整理・整頓・清掃は、行動!清潔は、状態!躾は、教育!と言えます。

5Sを日常業務に置き換えて言うと・・・整理、整頓 + 習慣 と言うことが出来ます。

整理・整頓が、仕事の効率に重要な行動となりますが、なんとなく似ている様で何が違うのか分からなくなってしまう事がありますので、しっかりと言葉の定義を覚えておきましょう。

整理:物を減らすこと。不要な物を捨てること。

整頓:配置すること。すぐに取り出せる状態を作ること。

○整理整頓をするメリット、しないデメリット

・整理整頓をしないデメリット

整理整頓をしないデメリットは、何かを使う時に効率的に探せないことがあげられます。

整理整頓しないことで、何かを探している時間を1日5分と仮定しましょう。

・・・1ヶ月(21日)で105分・・・1年(252日)で1,260分(=21時間)

1年間の勤務時間の中で2.5日分も探し物をしていると言えるでしょう。

何かを1日5分間と仮定しましたが、「パソコンのデータを…」「会議資料を…」と考えると1日5分間以上検索時間に費やしている方多いと思います。

それが10分間なら5日分、20分間なら10日分も探し物をしているとなります。

・整理整頓をするメリット

整理整頓をするメリットは、

  1. 仕事の効率が上がる
  2. ミス(事故)が防止できる
  3. 気持ちよく仕事ができる

結果として・・・生産性が高まり!仕事ができる人になる!

○「整理整頓」はいつからやるのか?

整理整頓をすることにより、生産性が高まり!仕事ができる人になる!ことが分かりました。

それでは、いつから開始しますか?『今すぐやる!』人こそ、仕事ができる人です。

世の中に「ハイパフォーマー」と「ローパフォーマー」がいますが能力差は、そんなに大きな差ではありません。

大きな差は、即行動するか!保留するか!となります。

ハイパフォーマーの方は、良いことを今すぐやる!習慣が付いている。

ローパフォーマーの方は、まずは保留!そして保留!そして結局やらない!となります。

整理整頓をしなければ仕事が流れない等の業務の一環でも無く、自分事なので緊急性もありません、また上司に命令されたことでもないので、後回しになってしまいます。

しかし、”今すぐやる!”ことで、生産性が高まり!仕事ができる人になる!ので最優先事項として整理整頓を行ってみましょう。

↓↓↓ 「整理整頓の具体的な取組」は、次のページに続く ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする