信頼関係を築くコーチングの基礎

スポンサーリンク

コーチングとは、部下の指導・育成手法の1つ。コミュニケーションスキルを使って、部下の意欲向上や目標達成の支援を行う。

今回のコーチング技法を学ぶことで、「部下・後輩とのやり取りで失敗している!」「思い通りに部下・後輩が動いてくれない!」など部下・後輩とコミュニケーションが上手に取れていない課題のヒントを得ていただければと思います。

○コーチングの基礎スキルを理解する

冒頭記載しましたがコーチングとは、部下の指導・育成手法の1つ。コミュニケーションスキルを使って、部下の意欲向上や目標達成の支援を行います。よって部下・後輩の意欲向上や目標達成がなされなければ意味が無く、成果志向の高い育成手法となっております。

■「コーチング」と「ティーチング」との違い

「コーチング」の話をしていると、「ティーチング」と混在している方がいるのでその違いを認識することから始めましょう。

コーチング ティーチング
対象者 一人前 新人
主体 部下・後輩 上司・先輩
目標 自走 完走
指導方法 質問する 指示を出す
関わり方 考えさせる 行動させる

【コーチング】

⇒コーチングの対象者は、一人前の仕事が出来るレベルの方となり、今のレベルより1段階上にステップアップさせることが目的となります。一人前の仕事が出来るので、質問をして部下に、考えさせ、答えが出たら新たに質問し自走させ続けることがコーチングの手法となります。

【ティーチング】

⇒ティーチングの対象者は、業務知識の無い方となり新入社員・中途入社社員となり、一人前の仕事が出来る様にするのが目的となります。業務が出来ないので、上司指示して作業をさせ、仕事が出来る様になったら完走となるのがティーチングとなります。

よってコーチングの対象者は、限定されてしまうので万能の育成手法とは言えない!

■成果に繋げるため

コーチングを成果につなげるために「部下との信頼関係を高めること」「部下の自発的な行動を促すこと」の2つが挙げられます。

【部下との信頼関係を高めること】

⇒部下との共感を示しながら、部下の話に傾聴する。時には、承認をして部下の意欲を高める働きかけを行う。

【部下の自発的な行動を促すこと】

⇒部下が深く考えるような効果的な質問をする。フィードバックを行い部下の気付きを促しながら、部下が自発的に動くための提案も行う。

↓↓↓ 「コーチングの具体的手法」は、次のページに続く ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする