資格取得のための最強の勉強方法!【勉強する時間帯】

スポンサーリンク

こんにちは! 資格ゲッターのコンソメチップス(兄)(@sono8932)です。

沢山の資格の勉強をする中で、いつも思うのが“科学的に効率よい勉強方法”が何なのかと言うことです。

そこで私が行っている効率的な勉強方法を紹介したいと思います。

○勉強時間帯

勉強時間する時間は、睡眠直前が一番良い時間とされております。

理由として勉強した知識を脳は、睡眠している間に整理整頓して固定化します。ですから勉強した知識がより鮮明な内に、寝てしまうことで勉強した知識がそのまま固定化すると言う訳です。

また睡眠時の記憶の固定化ですが、約6時間の睡眠が必要とされております。

眠りの周期には、「ノンレム睡眠(深い・浅い)」と「レム睡眠」があります。そして記憶の固定化は、浅いノンレム睡眠時に行われるのですが発現が寝てから約5時間後となっており、浅いノンレム睡眠時間が約1時間ですから・・・記憶を固定化させるのに約6時間の睡眠が必要となるのです。

ですから睡眠時間が、3時間・4時間ですと記憶を固定化させる“浅いノンレム睡眠”が発現しないまま起きることとなってしまい、記憶の固定化がされないこととなります。

ですから勉強する時間は・・・

  1. 現状の起床時間
  2. 朝活の復習時間(1時間)
  3. 睡眠時間(6時間)
  4. 勉強時間(1時間)

現状目覚ましを掛けている時間から逆算して、約8時間前に勉強し始めるのが勉強するベストタイムと言えるでしょう。

※「2.朝活の復習時間」については、次項で説明します。

※勉強時間を1時間と考えた場合

スポンサーリンク

○知識の定着化

睡眠直前に勉強することで、勉強した知識を睡眠時に固定化させることが出来ます。

しかしその知識の固定化は一時的なモノで、日中知識が必要ないと認識されてしまったり!新しい知識が入ってくる!とスグに知識を忘却してしまうのです。

そこで知識の定着化を図る必要が出てくるのですが、重要なのが

  • 知識が必要ないと認識されること(=知識を思い出さないこと!)
  • 新しい知識が入ってくること(=他のことをすること!)

をさせないことです。

このことを考えると、起床後スグに復習をすることが重要となります。

それこそ朝食を食べる前!顔を洗う前!身支度を整える前!に前日行った勉強を復習するのです。

  • 復習をすることで、必要な知識と認識がされます!
  • 起床後スグにすることで、新しい知識が入ってきません!

復習する時間に関しては、知識が固定化されている状態での復習なので勉強した時間より若干少なめの時間で復習が完了すると思います。そこは復習を実践しながら、どの程度時間がかかるか見計らって下さい。

○まとめ

科学的に効率よい勉強方法”として紹介しました。

しかし今回紹介した勉強方法で知識の固定化!定着化!は、効率よく実施されますが一生続くことではありません、定期的に同じ知識の勉強をし復習していく必要があります

そうすることで知識の定着化レベルが上がっていき、考える事すらしなくても自由に知識を出すことが出来るようになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする