No,5 電気工事に関して【2級管工事施工管理技士】

スポンサーリンク

こんにちは! 資格ゲッターのコンソメチップス(兄)(@sono8932)です。

2級管工事施工管理技士試験 学科試験対策講座になります。

○2級管工事施工管理技士 出題傾向

2級管工事施工管理技士のNo、5には、電気工事の問題が出題されます。

  • 交流電気回路に設けた進相コンデンサによる力率改善の効果と最も関係のないものはどれか。
  • 電気設備に関する用語の組合せのうち、関係のないものはどれか。
  • 三相誘導電動機に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

などです。

そんな電気の問題を過去11回分を分析すると3つの選択肢が解答(=選択するべき答え)になる可能性が高いです。

スポンサーリンク

○出題傾向の高い解答

2級管工事施工管理技士のNo,5に出題される電気工事の問題は、高確率で同じ解答になっています。

1、交流電気回路に設けた進相コンデンサの効果と最も関係のないものはどれか。

選択するべき解答

⇒感電事故の予防

2、電気設備に関する用語の組合せのうち、関係のないものはどれか。

選択するべき解答

⇒進相コンデンサー---欠相保護

3、三相誘導電動機に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

選択するべき解答

⇒電動機を定格電圧で始動させたときの始動電流は、全負荷時の定格電流と同じである。

No,5 電気工事の問題は、

  • 感電事故の予防
  • 進相コンデンサーと欠相保護
  • 定格電圧で始動させた始動電流は、全負荷時の定格電流と同じ

と上記3つの選択肢があれば解答として選んでしまいましょう。それこそ問題も読まなくてOKです。

上記以外の出題がされたのであればテキストを読んでいても解答は不可能です。電気工事の問題は、捨て問題と考えながらも上記3つの選択肢があればラッキー程度に思っておくのがいいでしょう。

忙しい社会人の資格取得の勉強は、取捨選択で学習効率の良い所だけを勉強して行くことが重要となります。

--------------------
2級管工事施工管理技士について相談したいという方がいれば「LINE」で気軽にメッセージ下さい。しっかりとフォローさせて頂きます。

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。