2級建設業経理士 出題傾向と対策

スポンサーリンク

2級建設業経理士試験の傾向と対策を分析、効率のよい勉強方法&勉強ツールを紹介。

〇2級建設業経理士とは

民間資格の簿記系資格である「建設業経理士」。

経営事項審査事項の加点対象となることから、国家資格と間違う方がいますがあくまでも民間資格となります。

ちなみに、建設業法施工規則第十八条の三に規定されている「建設業の経理に必要な知識を確認するための試験」の合格者に与えられる称号でもあります。

また、前記しましたが経営事項審査の「公認会計士等数」において加点対象となっています。

〇受験申込

一般財団法人建設業振興基金により、建設業経理士は開催されております。

公式ホームページ

試験実施機関ですので全ての情報が正しいですので、一度確認して下さい。

受験要件

受験する条件等はありませんので、どなたでも受験できます。

試験地

全国の主要都市で実施していますが、詳細は不明です。

申込受付期間

<試験月:9月>

5月中旬から6月中旬までが、申込期間となっております。

<試験月:3月>

11月中旬から12月中旬までが、申込期間となっております。

※インターネットでは、即日申込も可能ですから申込期限間近でしたらインターネット申込がおススメです。

試験日・合格発表

<試験月:9月>

試験日は、9月の第2週の日曜日となっております。【1,2級のみ】

⇒合格発表:11月10日になり、土日でも変更はありません。

<試験月:3月>

試験日は、3月の第2週の日曜日となっております。【1,2,3,4級】

⇒合格発表:5月10日になり、土日でも変更はありません。

合格基準

合格基準は、正答率70%以上となっております。

受験手数料

1級(1科目):7,410円
1級(2科目):10,600円
1級(3科目):13,680円
2級:6,280円
3級:5,250円
4級:4,220円
2級、3級併願:11,530円
3級、4級併願:9,470円
受験手数料には消費税を含みます。

〇難易度・合格率

2級建設業経理士の合格率は37.3%となっております。

近年は、合格率も下がっており2級としては難しい資格試験となっております。マークシート形式試験ではなないので、曖昧な知識で運良く合格出来ると言うモノでもありません。

これまでの合格率を記載しておきます。

第16回

(%)

第17回

(%)

第18回

(%)

第19回

(%)

第20回

(%)

第21回

(%)

平均

(%)

34.8 35.1 30.8 38.5 50.8 33.9 37.3

↓↓↓ 「勉強方法」「過去問データ」は、次のページに続く ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする