【DocuWorks】ドキュワークス文書を“エクセル”に変換する

スポンサーリンク

こんにちは! 長年DocuWorksを使用しているコンソメチップス(兄)(@sono8932)です。

今回はDocuWorksの機能である「ドキュワークス文書を、エクセルに変換する方法」を紹介します。

ドキュワークス文書をエクセルに変換

ドキュワークス文書をエクセルに変換する方法を紹介いたします。

この方法は「DocuWorksの文字認識(OCR)機能」を使うことで、ドキュワークス文書に書かれている文字等を認識し“テキスト”・“画像”データに変換。それを、位置を合わせてエクセルに変換していまます。

①エクセル変換させたいドキュワークス文書を開き。上部タブ「ページ(P)」-「OCR(文字認識)(X)」をクリック。そうすると「別窓」が開きます。

②別窓で「OCR(文字認識)」が開きますので、「詳細設定(P)」をクリック。また「別窓」が開きます。

③別窓で「OCRの詳細設定」が開きますので、上部タブ「ファイル出力」をクリック。「認識結果をファイルとして出力する(F)」にチェックを入れる。「出力形式(O)」で「Excel(*xls)」を選択し、「OK」をクリック。

スポンサーリンク

④ひとつ前の「OCR(文字認識)」に戻りますので、各項目を選択して「開始」をクリック。

  • 処理するページ(1ページだけOCRするのか!すべてのページOCRするのか!の確認)
  • イメージのノイズ除去(文書をスキャナーするので印刷汚れ(ノイズ)なども一緒に読込んでしまっている場合、使用しましょう。)
  • カラーイメージに対する前処理(文字認識する際、認識率を優先させるか!認識時間を優先させるのか!の確認)

⑤変換し“エクセル”をの保存場所を指定して「保存(S)」をクリック。※分かりやすい様に「デスクトップ」がいいと思います。【エクセルに変換完了】

■エクセルに変換したデータ

ドキュワークス文書をエクセルに変換した後のデータを検証したいと思います。

まずドキュワークス文書が複数ページある場合、1ページで 1エクセルとなりますので、複数のエクセルが生成されることとなります。

またドキュメントカンパニーである富士ゼロックスの文字認識(OCR)技術は、トップクラスと言えますが、完璧に文字・図形認識、位置配置が出来る訳ではありません。これはスキャナー時の傾き、汚れなどが要因であること、図形認識技術が未発達と言えるでしょう。

使用するには、誤字・脱字の確認、位置の補正などが必要になって来ます。

また、エクセルデータに変換しデータを開くと「保護ビュー このファイルに問題が見つかりました。このファイルを編集すると、コンピューターに被害を与えるおそれがあります。クリックすると詳細が表示されます。」と保護ビューが働いてしまいます。

要因は、分かりませんが自分でドキュワークスを介して作成したエクセルデータなのでウィルスやマルウェアが混在されている訳ではありませんので、そのまま使用して頂いて問題ありません。

そんなスキャナーしたドキュワークス文書をエクセルに変換できる「DocuWorks」に興味がる方、1ライセンス購入してみてはどうでしょうか?使いこなせば業務効率が向上の一役を担ってくれることでしょう。

DocuWorks 9 ライセンス認証版/1ライセンス 基本パッケージ

新品価格 ¥13,190から (2018/12/6 11:42時点)

あわせて読みたい、ドキュワークス文書の変換方法

  1. エクセル(Excel)
  2. CSV
  3. ワード(Word)
  4. メモ帳
  5. PDF
  6. 画像ファイル

DocuWorksは、上記6つのデータに変換が可能となっております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする