特定疾患療養管理料について

先日「インフルエンザB型」にかかってしまいました。

その時、受診した医者の診察料が高く疑問を持ったコンソメチップス(兄)。

少し調べた結果・・・「特定疾患療養管理料」が起因していました。

結論から言ってしまいますが、私は高コレステロールの診察を定期的に受けております。その「高コレステロール診療」が「特定疾患」に認定されており、管理料名目で225点(=2,250円(自己負担3割:670円)が、全ての診察に対し医療報酬加算されていたのです。

〇特定疾患療養管理料とは

生活習慣病等の厚生労働大臣が定める疾患を主病とする患者について、地域のかかりつけ医が計画的に療養上の管理を評価したもので医療機関の規模が小さくなるほど高い点数が設定されている。また疾患に対して治療計画に基づき、服薬、運動、栄養等の療養上の管理を行った場合に月2回まで加算が可能とのこと!

【特定疾患療養管理料の対象疾患】

・結核・甲状腺障害・糖尿病・高血圧性疾患・不整脈・心不全・脳血管疾患・詳細不明の慢性気管支炎・その他の慢性閉塞性肺疾患・肺気腫・喘息・喘息発作重積状態・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃炎及び十二指腸炎・肝疾患(経過が慢性なものに限る)・慢性ウイルス肝炎・アルコール性慢性膵炎・性染色体異常

・・・など他にも様々な病気が特定疾患として定められている。

スポンサーリンク

〇医療費の節約

今回の件で、診察内容によって医者を変更した方がいいことが分かりました!!

現在2ヶ月に1度診察している「高コレステロールの治療」について、特定疾患療養管理料の加算は、付いて回るのもですので致し方が無いとして・・・

もし風邪などの症状が出て来たら、高コレステロールの治療を行っている診療所とは、違う診療所に行くことにします。そうすることで、特定疾患療養管理料225点(=2,250円(自己負担3割:670円)が節約出来ますので!

しかし治療の際は、特定疾患で他の診療所に通っている事、日々飲んでいる薬の薬名などをしっかり伝える必要があります。また日々飲んでいる薬との飲み合わせ等もありますので診療所を変えても薬局は変えなければ、薬剤師さんがしっかりとチェックをしてくれるでしょう。

その他インターネット上でも、下記の様な医療費の節約術が記載されていました。

  1. かかりつけ医を持つこと(ベット数20床未満)
  2. 大病院は、初診時に「特別料金」がかかる場合がある
  3. 受診する時間は、診察時間内。時間外に行くと追加料金がかかる
  4. はしご受診をしない(初診料・検査代が2倍かかることになる)
  5. ジェネリック医薬品を使用する
  6. スイッチOTC薬も活用する
  7. 医療控除の申請をする
  8. 高額療養費を活用
  9. 保険証をいつも携帯する

とのことでした。

医療報酬に関しては厚生労働省管轄でしっかりと定めれれていること、医療報酬を少なく算定する医療機関はないことなどを踏まえれば、どこの診療所で受診しても医療報酬は変わりありません。

最後に、医療に関して言えば、健康・命を守ってもらうことが一番と言う事を認識しておく必要があると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする