夏の甲子園へ行ける確率!

甲子園に行ける確率(球児編)

高校球児にとっては憧れの場所甲子園!この甲子園に行ける確率はどのくらいなのでしょうか?甲子園は、春の選抜大会と、夏の大会がありますが、2018年は夏の甲子園第100回大会となる記念の年なんです!

スポンサーリンク

高校球児の人数

甲子園に出場するには、高校へ入学し、硬式野球部へ入部、さらに各都道府県で行われる大会で優勝する必要があります。出場できるチームは、47都道府県のうち、東京と北海道が2校ずつで全49校です。全国の都道府県の野球部員数はH29年でおよそ16万人います。甲子園に出場するにはレギュラーの9人に入るか、ベンチ入りする必要があります。(ベンチ入り含めて18人)ベンチ入りまで含めれば、18人×49代表で882人となります。

ここから単純計算すると、882人÷16万人=0.0055125となります。つまり、すべての高校球児のうち僅か0.5%、200人に1人しか、夏の甲子園には出場できません。厳しい!!

少年野球に携わっているお父さん!1チームを15人で計算すると13チーム中たったの1人です!シニア・ボーイズに携わっているお父さん!1チーム20人で計算すると10チーム中たったの1人・・・

知っている子が甲子園行けたら、それだけで甲子園まで応援に行く価値がありますね!(埼玉県民です)

甲子園に行ける確率(高校編)

続いて甲子園に出場できる高校の確率です。

2017年 夏の甲子園第99回全国高校野球選手権大会では、各県の代表校49校が出場しています。

少し前のデータですが、全国にある高校野球部の数は約3,920校です。夏の甲子園に出場できる高校はわずが49校なので、49校÷3,920校=0.0125ですので、出場できる確率は1.25%となります。100校あったら1校程しか出場できないということですね、当たり前ですが、個人の確率よりは高いですが、それでも厳しい数字です。

では、都道府県ごとではどうでしょうか。各都道府県の確率を算出してみました。

スポンサーリンク

各都道府県の野球部数と出場確率

地 域 学校数 確 率
北北海道 103校 0.97%
南北海道 122校 0.82%
青森 68校 1.47%
岩手 71校 1.41%
秋田 50校 2.00%
山形 49校 2.04%
宮城 74校 1.35%
福島 81校 1.23%
茨城 100校 1.00%
栃木 62校 1.61%
群馬 67校 1.49%
埼玉 156校 0.64%
千葉 156校 0.59%
東東京 137校 0.73%
西東京 128校 0.78%
神奈川 190校 0.53%
山梨 37校 2.70%
長野 87校 1.15%
新潟 88校 1.14%
富山 48校 2.08%
石川 49校 2.04%
福井 30校 3.33%
愛知 189校 0.53%
静岡 113校 0.88%
三重 62校 1.61%
岐阜 67校 1.49%
滋賀 52校 1.92%
京都 78校 1.28%
奈良 42校 2.38%
和歌山 39校 2.56%
大阪 180校 0.56%
兵庫 162校 0.62%
岡山 59校 1.69%
広島 93校 1.08%
鳥取 24校 4.17%
島根 39校 2.56%
山口 58校 1.72%
香川 40校 2.50%
愛媛 59校 1.69%
徳島 31校 3.23%
高知 31校 3.23%
福岡 135校 0.74%
佐賀 41校 2.44%
長崎 57校 1.75%
熊本 65校 1.54%
大分 47校 2.13%
宮崎 49校 2.04%
鹿児島 77校 1.30%
沖縄 61校 1.64%

※最新データではないので、参考程度にご覧ください。

確率でソートしてみました。

地 域 学校数 確 率
1位 鳥取 24校 4.17%
2位 福井 30校 3.33%
3位 徳島 31校 3.23%
4位 高知 31校 3.23%
5位 山梨 37校 2.70%
6位 和歌山 39校 2.56%
7位 島根 39校 2.56%
8位 香川 40校 2.50%
9位 佐賀 41校 2.44%
10位 奈良 42校 2.38%
11位 大分 47校 2.13%
12位 富山 48校 2.08%
13位 山形 49校 2.04%
14位 石川 49校 2.04%
15位 宮崎 49校 2.04%
16位 秋田 50校 2.00%
17位 滋賀 52校 1.92%
18位 長崎 57校 1.75%
19位 山口 58校 1.72%
20位 岡山 59校 1.69%
21位 愛媛 59校 1.69%
22位 沖縄 61校 1.64%
23位 栃木 62校 1.61%
24位 三重 62校 1.61%
25位 熊本 65校 1.54%
26位 群馬 67校 1.49%
27位 岐阜 67校 1.49%
28位 青森 68校 1.47%
29位 岩手 71校 1.41%
30位 宮城 74校 1.35%
31位 鹿児島 77校 1.30%
32位 京都 78校 1.28%
33位 福島 81校 1.23%
34位 長野 87校 1.15%
35位 新潟 88校 1.14%
36位 広島 93校 1.08%
37位 茨城 100校 1.00%
38位 北北海道 103校 0.97%
39位 静岡 113校 0.88%
40位 南北海道 122校 0.82%
41位 西東京 128校 0.78%
42位 福岡 135校 0.74%
43位 東東京 137校 0.73%
44位 埼玉 156校 0.64%
45位 兵庫 162校 0.62%
46位 千葉 156校 0.59%
47位 大阪 180校 0.56%
48位 愛知 189校 0.53%
49位 神奈川 190校 0.53%

スポンサーリンク

もっとも厳しいのはやはり激戦区として有名な神奈川県ですが、愛知県も負けていませんね。DeNA対ドラゴンズ!・・・というかプロ野球(NPB)球団があるところは参加校が多いんですね。40位以下すべてNPB球団があります。野球人気があるということでしょうか。

しかし、下位の方は個人の確率と変わらないじゃないですか・・・

逆に最も確率の高い鳥取は4%で、約8倍の差があります。甲子園に行くために、確率の高い(参加校の少ない)地域へ進学するなんてのも聞いたことがあります。

なんにしても狭き門です!知っている子が甲子園に出場することになったら、張り切って応援に行きましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする