【過去問】平成28年2級管工事施工管理技士【学科試験】

スポンサーリンク

平成28年 2級管工事施工管理技士【学科試験】の問題と解答・解説をしたいと思います。

⇒過去問題

「2級管工事施工管理技士」について記述した記事も紹介。2級管工事施工管理技士の学習を始める前に、試験がどういった傾向で出題されるのか!どのように学習して行けばいいのか!を知ることでより効率的な学習が可能となります。

2級管工事施工管理技士 出題傾向と対策
2級管工事施工管理技士試験の傾向と対策を分析し、効率のよい勉強方法&勉強ツールを紹介致します。

2級管工事施工管理技士学科試験の勉強として、過去問を反復学習することが1番効率の良い学習方法となります!始めはよく分からないと思いますが、2度3度と反復学習していくことで知識が定着して理解が進んできます。

まずは、問題を解くのではなく、問題と解答・解説を読み進めることから始めて行きましょう。

出題 出題項目 出題選択
 問題No,1~6問 一般基礎、電気・建築 6問中6問解答(必須)
 問題No,7~23問 空調、給排水衛生 17問中9問解答(選択)
 問題No,24~28問 機器材料、設計図書 5問中5問解答(必須)
 問題No,29~42問 施工管理 14問中12問解答(選択)
 問題No,43~52問 関連法規 10問中8問解答(選択)
問題番号No,1からNo,6までの6問題は必須問題です。全問題を解答してください。

【No,1】次の指標のうち、室内空気環境と関係のないものはどれか。

  1. 新有効温度(ET*)
  2. 揮発性有機化合物(VOCs)濃度
  3. 化学的酸素要求量(COD)
  4. 作用温度(OT)

解答:(3)

【No,2】湿り空気に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

  1. 飽和湿り空気の乾球温度と湿球温度は等しい。
  2. 相対湿度とは、湿り空気中に含まれる乾き空気1kgに対する水蒸気の質量をいう。
  3. 湿球温度とは、一般に、感熱部を水で湿らせた布で包んだアスマン通風乾湿計で測定した温度をいう。
  4. 湿り空気がその露点温度より低い物体に触れると、物体の表面に結露が生じる。

解答:(2)

【No,3】ピトー管に関する文中、_   _内に当てはまる用語の組合せとして、適当なものはどれか。

ピトー管は、全圧と  A  の差を測定する計器で、この測定値から  B  を算出することができる。

---(A)------(B)

  1. 静圧------流速
  2. 静圧------摩擦損失
  3. 動圧------流速
  4. 動圧------摩擦損失

解答:(1)

【No,4】熱に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

  1. 熱が低温の物体から高温の物体へ自然に移ることはない。
  2. 真空中では、熱放射による熱エネルギーの移動はない。
  3. 0℃の氷が0℃の水になるために必要な熱は潜熱である。
  4. 物体の温度を1℃上げるのに必要な熱量を熱容量という。

解答:(2)

【No,5】交流電気回路に設けた進相コンデンサによる力率改善の効果と最も関係のないものはどれか。

  1. 電路及び変圧器内の電力損失の軽減
  2. 電圧降下の改善
  3. 電力供給設備余力の増加
  4. 感電事故の予防

解答:(4)

【No,6】コンクリート工事に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

  1. 打込み後、硬化中のコンクリートに振動及び外力を加えないようにする。
  2. 型枠の最小存置期間は、平均気温が低いほど長くする。
  3. コンクリートのスランプ値が大きくなると、ワーカビリティーが悪くなる。
  4. 夏期の打込み後のコンクリートは、急激な乾燥を防ぐために湿潤養生を行う。

解答:(3)

↓↓↓ 「No,7~52の問題」は、次のページに続く ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする