【Excel・エクセル】「行」と「列」どっちがどっち?簡単な覚え方!

スポンサーリンク

こんにちは! エクセル大好きコンソメチップス(兄)(@sono8932)です。

先日仕事で「エクセルの「行」と「列」が分からない!?」との問い合わせがありました。

自分も関数等を使う時に「行」と「列」が分からなくなってしまうことがあるので、記事にしてまとめておきたいと思います。

※「Windows7」「Excel2013」環境での記事となっています。

○エクセルの「行」とは

「行」とは・・・縦に並んでいるのが「行」です。エクセルの場合、1,2,3,4,5・・・とならんでいます。

覚え方としては・・・「行」の漢字をイメージすると直感的に覚えやすいと思います。「行」の直線部分(=赤字部分)をイメージすると横に並んでいますので横で表すのが「行」と覚えましょう。

○エクセルの「列」とは

「列」とは・・・に並んでいるのが「列」です。エクセルの場合、A,B,C,D,E・・・とならんでいます。

覚え方としては・・・「列」の漢字をイメージすると直感的に覚えやすいと思います。「列」の直線部分(=赤字部分)をイメージすると縦に並んでいますので縦で表すのが「列」と覚えましょう。

○エクセル「行・列」まとめ

エクセルの「行」と「列」は、

「行」が、左側の1,2,3,4,5・・・・

「列」が、上側のA,B,C,D,E・・・・

となっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする