バイクを売るなら?一括査定?それとも?

スポンサーリンク

私の愛車YAMAHAトリッカー(2004年)

残念ながらお別れすることになりました(涙)
わずか2年と3ヶ月でしたが、とても楽しいバイクライフでした。

ヤマハトリッカー リアボックス取付
愛車YAMAHAトリッカー 20数年ぶりにバイクを購入しちゃいました おっさんリターンライダーです。 スポンサーリンク ...

20年ぶりのバイクをそれなりに堪能できました。

さてさて、お別れとなるトリッカーちゃんですが、購入時は税抜173,149円でした。2年も経ってどのくらいになるのでしょうか?もちろん購入価格と販売価格は違いますからね。。。
実は1ヶ月ほど前でしょうか、「買い取ります」って札がぶら下がっていてその紙には「12万で買い取ります」って書いてあったんです!すごくないですか!?12万で買い取ったらいくらで売る気なんだ??全然値下がりしてないのか??

なんて期待しながらまあ~、いくつか調べてみました。
しかし、そういう業者にありがちなのは、10数万円とか書いといて、結局数万円になってしまうことが多いとの事・・・おいしい話には裏があるんですね。

とりあえず一括査定は個人情報ダダ漏れなのでやめた方か良い!との情報もあったので厳選してお願いしたい!
ではどこの買い取り業者がよいのでしょうか?とあるサイトでの買い取り業者ランキングでは

1位:バイクワン

2位:バイクランド(旧ゲオバイク)

3位:バイク王

スポンサーリンク

では早速それぞれの対応を。

バイク王:電話対応○ 訪問○ 金額10万円

まずはネットで申し込み→電話がかかってきて、口頭でMAXで○万円。あとは状態を見て(つまりここから下がっていく)との事。正直、車種と走行距離でMAXの金額は決まってくるので、ネットだけで完結できるんですが、客とコンタクトを取りたいんでしょうね。連絡先を入力して、電話がかかってくるシステムとなっております。
しかしながら、電話対応は非常によく、他社と競合したいと話したところ、「それが一番値段が高くなりますよ。」と嫌がらずに対応していただけました。当日の対応も丁寧で、「1~2週間程度であれは今日の提示金額で大丈夫ですよ」と、なかなかの対応でした。

バイクランド:電話対応△ 店舗往訪× 金額7万円

申し込みから電話がかかってきての、MAX金額まではバイク王と同じ。たまたま店舗がうちの近くにあったので、往訪することにしました。電話対応の方も、「ぜひ来店してください!」との事でしたので。しかし、実際の店舗の対応はイマイチ。ネットで一度情報を送っているのに、店舗には何の情報もいってないようで、ネットで送った情報と同じことを紙に書いて、査定開始。結果はたったの7万。しかも、ここは販売も行っており「当店で購入いただければ+3万で買い取りますよ!」とお得感を匂わせてきました。(それって、査定額から3万ひいてるだけじゃね?)ちなみにこの時、バイク王さんに指摘されたフロントフォークのオイル漏れに気づいていませんでした。つまり、プラス3万を加味したとしても、オイル漏れのマイナス分が無い分、高いということになります。

バイクワン:電話対応× 訪問○ 金額10万+自賠責(1万100円)

こちらはこの中で唯一、ネットだけでMAX査定ができました!その為、こちらも申し込む必要がないため、一番最後に申し込むことになりました。これって店側にとっては後手になるのでよくないのでは?と思っちゃいます。まあ、そんなこんなでしたが申し込んで電話がかかってきて・・・ってのは上の2社と一緒。しかし、電話対応の担当者の問題なのか、マニュアルがそうなっているのかわかりませんが、こちらは日時を指定して申し込んでいるのに「本日、これからでお伺いできますが!」と自慢げに・・・別にこっちは早くしたいなんで言ってないよ。「日曜日の13時って申し込んだんですけど」って言ったら「午前中でもお伺いできますが!」・・・「午後で」・・・・「ほかに可能な時間はありますか?」・・・「わかりません」・・・なんでやりとりを。。。この間に、「ではスケジュール確認しますのでお待ちください」が2回・・・正直、クレームを入れたいレベルです。
まあ、それでも訪問してくれた方の対応は丁寧で、金額の提示は最初、バイク王さんより若干安い提示だったんですが、会社と電話でやり取りしながら、なんとか10万+自賠責の払い戻しで決着。

終わりに

よく言われることですが、査定に来てもらう前にはしっかりと洗って、少しでも良い状態にすることが大事です。洗車時に気づいて直せるものもあるでしょう。バイクや車を手放すときってのは、愛情も薄れてきて、ロクにメンテナンスしてない事もあるんでしょうが、最後までキレイな状態でお別れしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする